親父の中咽頭癌闘病記

親父の中咽頭癌の闘病記を息子の私が書いていきます

退院後の初外来

こんばんは。

金曜に外来に行って頭頸科の診察を受けて来ました。

鼻からファイバースコープを通して見ると移植部分も綺麗にくっついていて、繋ぎ目も分からない程でした。

口内や頸部をよく触診してもらいましたが特に今の所異常は無かったです!

内心ドキドキでしたが、先生に異常無しと言われると本当に心から喜べます!先生の一言に救われるとはまさにこの事でしょう。

食事の時に初めの2、3口は口を開くと顎に痛みがある事を先生伝えたら、手術の時にどうしても色々な神経を触ってしまっているので一生付き合っていかなければならいかもしれませんと言われました。

食事のほうは、カレーライスやシュークリーム、一口サイズに切った唐揚げなど色々な物が食べれるようになりました!

もちろん時間はかかりますが進歩しています!

マグロの刺身も食べれます。

体重は退院してからとりあえず0.5キロ増えました。

後はまだ体力も戻りきっていないので体力面でのリハビリもしていきたいと思います。

次回の診察は1月13日。

無事にクリアできるように祈るばかりです。